漁船販売会社に買取を依頼した場合の流れ|船の保管にかかる費用

廃車をする車の価値

車のおもちゃ

廃車をするためには陸運局で平日に永久抹消手続きを行わなければなりません。しかし、平日に忙しくて手続きができないという場合には、廃車買取業者に依頼をすると抹消手続きと廃車処分の両方を行なってくれます。

もっと見る

良い業者選びの方法

カー

廃車処分をする場合は、業者選びによって買取価格に差がでます。同じ車種であっても査定をする項目の価格の基準はそれぞれで違います。一括見積もりサイトを通して、最も高い業者を探してみましょう。

もっと見る

憧れの車を格安で購入

レディー

金融車は前オーナーがローンを滞納して売り払ってしまったというもので、新しくオーナーになる人にとっては通常の中古車販売店よりも安く、ほぼ新車に近い状況で購入できるので大きなメリットがあります。

もっと見る

買取査定の対象項目

船

趣味で使っていた船も全く乗らなくなったのであれば、漁船販売店で売ってしまいましょう。船は車のように所有しているだけでも多くの維持費がかかってきます。マリーナなどで保管をするというだけでも年間のかかる費用はかなりのもので、100万円以上の場合がほとんどです。それに加え、船にも定期点検があるのでその際にかかる料金もあります。
漁船販売店に買取を依頼するのであれば、まずメールか電話でお問い合わせを行ないます。その後、店舗のスタッフが出張査定を行ないに来るので、それまでに書類を用意しておく必要があります。必要書類は、船舶検査書と船舶検査手帳、身分証明書と印鑑証明書などの種類なので事前に集めておきましょう。この出張の際には距離に応じて料金が発生したり発生しなかったりする業者もいるので、依頼前に料金内訳を確認しておきましょう。査定が終わり、その金額で問題がなければ買い取って、船を業者側で曳航していきます。

愛艇を漁船販売店で売る場合は、買い取ってもらうという方法もありますが、委託販売を依頼することも可能です。漁船販売店のスタッフに査定を行なってもらう際の査定対象となるものとしては、まず船のメーカーやサイズ、状態もそうですがエンジン出力や外部や内部などの設置箇所、藻やフジツボなどの付着を防ぐ塗料材があるかどうか、艤装品や魚群探知機のレーダーの種類などが対象となってきます。船の買取価格もそれぞれの業者によって変わってくるので1社のみではなく、複数社で見積もりをして比較してみましょう。